• 文字サイズ

本年度の方位と運勢


平成24年の運勢
平成24年の方位

平成24年の方位

まだまだ寒い日が続きますが、テレビでつくしが生えたというニュースを聞きました。
春はそこまで来ているのですね。

春といえば、引っ越しのシーズンです。方位がとても気になる所です。ここでは平成24年の、誰もが皆んな行ってはいけない方位について、お話をしますね。

方位は、いつも自分の住んでいる家を中心としてみます。例えば、九州の別府をみたとしても、広島に住んでいる人からは南西の方位になるし、東京に住んでいる人からは西の方位ということになり、方位自体が違ってくるのです。(方位の決定の仕方は、会員のページに載っています。)

平成24年の恐い方位は、南東北西、そしてになります。

南東が特に悪い方位になります。もし引っ越しをすれば、一年だけすごく良かったけれど、後はだんだん思うように行かなくなる。そんな方位なのです。
体が弱ってくる人もいるでしょうし、自分でお仕事をしている人は、その会社・お店も経営状態が悪くなる一方です。
優秀だと言われていた子供なのに、受験が思うようにいかなかった。また、非行に走り出すなど、少しずつ少しずつ長年にわたって悪い状態になっていく。これが今年の南東の方位なのです。

南東には、「ととのう(整う・調う)」という意味があります。
商談がととのう、縁談がととのう、会社の経営状態がととのう、家庭生活がととのう...
今年は、これらが悪いという事は、縁談も破談になるかもしれない。また、離婚話のおこるような状態になっていくかもしれない。まとまっていたはずの商談も、白紙に戻るかもしれない。
こんな事が考えられてくるのです。

また、病気では、南東は肺・胃をあらわします。肺や胃の病気になるかもしれません。
だんだん、だんだん悪くなる。そのうち、きっと良くなる。そのうち、そのうち...と、思っているうちに、取り返しのつかない状態になる。そんな方位なのです。

北西もまた、イヤ~~~な方位です。なぜなら、限りなくお金の出ていく状態になるからです。もし北西に家を建てることになれば、立派な家がたちます。とても、お金をかけた皆んながうらやましがるほどの家が...でも、引っ越ししたとたんに、お金が出ていく、出ていく...

仕事もうまくいかなくなり、支払いに困るようになる。お金を借りたくても、借りられない状態になっていく。

皆さん、お金大好きですよね。くれぐれも北西にだけは気をつけてください。広島からは、韓国が北西になります。「韓国のカジノで儲けようと思って遊びに行ったら大損したよ。」なんていう事は、あると思いますよ。

また北西は、目上の人・上司・父親をあらわします。旅行に行っただけでも、上司の人とうまくいかなくなったり、お父さんとけんかしたり...なんていう事は大いに考えられます。

病気では、北西は頭・心臓・左肺。また、交通事故の暗示もありますから、くれぐれも注意してくださいね。

引っ越し、旅行だけではありません。南東や北西から、「仕事の話がきた!」-こんな時も注意してください。
南東の会社は、あまり儲かっていない会社かもしれません。北西の会社は、高級な品物と思って取引したのに、「開けてみたら、とんでもない粗末な品物だった。」という事にも、なりかねません。
縁談もそうです。南東からの縁談は、体の弱い人かもしれません。北西からの縁談は、この上ない良縁だと思っていたのに、ミカケダオシだったという事になるでしょう。

最後に、南は悩みの増える方位になります。特に、病気になった時の南の病院への入院は、避けた方が良いでしょう。

この他に、自分にだけ悪い方位というのもありますが、それは会員のページでお話させてください。

平成24年の方位ということで、お話しましたが、実は方位は毎月毎月変わっていきます。毎月の方位の話は、気になる時、載せていきます。

行ってはいけない方位ばかりお話しましたが、実は行くと大変良いという方位もあるのです。

愛一紗では、平成24年(平成23年2月から平成24年1月まで)の開運吉方位の表を、皆さんにおわけしています。
それぞれの星、それぞれの干支(えと)にあわせて、一年分のその人にとって最良の方位を割り出し、それをまとめた表をつくりました。
あわせて、方位を書きこんだ地図もお送りしています。
ご希望があれば、ご購入ください。お一人様1万円です。

30歳以下の人は、大人の星と子供の星の両方でみていきますので、一年の内に開運吉方位が一度か二度だけ、という事もありますが、了承してくださいね。(30歳以下の人はお一人様5千円です。)

開運吉方位表の中に、「お水」という項目があります。
もちろん良い方位に旅行に出かける。それだけでも十分なのですが、その良い方位で湧き出ているお水(もちろん生で飲めるお水のこと)、名水といわれるお水があれば、その場で飲む。あるいは、ペットボトルに入れて、持って帰り飲む。
それもまた、良い気をいただく方法の一つなのです。

お水は飲む事ができる時と、ダメな時がありますが、「水×」と書いてありますから、その時は飲まないで下さい。

こんな事がありました。
65歳の男性の方でした。その時は、胃の調子が悪く、薬を飲むのだけど、良くなっては、また悪くなるという状態が続いていたそうです。ある日、吉方位の日がきたので、無理やり奥様がこの男性の方を吉方位に連れて行かれ、その場でお水を飲ませ、また魔法瓶に入れて、お水を持って帰り、2、3日飲ませたところ、なんだか調子が良くなられたのだそうです。もちろんお薬が効いてくる時期だったのかもしれませんが...

それから、ずっとお水取りを続けていただいています。

水は大地から湧き出ているもの。これほど良い気をもっているものはないと思います。旅行にあわせて「お水を飲む」。ぜひ一度お試しください。

page top